ブラックリストでもクレジットカードで換金は可能なのか?

教えて!みんなのクレジットカードで換金する目的
Home » 換金の目的 » ブラックリストでもクレジットカードで換金は可能なのか?
換金の目的 | 03月22日更新

ブラックリストでもクレジットカードで換金は可能なのか?

クレジットカードで換金することは、果たしてブラックリストの方でもできるのでしょうか。
そもそもブラックリストという言葉が、クレジットカード会社内でも実際に使われているような感じで日常的に聞く言葉ですが、実際にはそのような言葉が使われていたり、ブラックリストというものは存在しません。
一般人にも分かりやすく、クレジットカードの支払い遅延や未払いのような事故情報をブラックリストと呼ぶようになりました。

事故情報などは専門の機関で管理されており、さまざまな銀行やクレジットカード会社が共有や開示の要請をすることができる情報機関です。
一定の支払い遅延などが生じることで、そちらの機関に名前が載ってしまうことになります。
記載されてしまうことで、新規でのクレジットカードの作成やローンの申し込み審査に通らなくなってしまう可能性が出てきてしまうので、引き落とし日の前日には請求されている金額をあらかじめ引き落とし口座に入金しておくなど、細心の注意が必要です。
事故情報に名前が載ってしまうことになると、正直デメリットしかありません。

そして、肝心のクレジットカードでの換金が、ブラックリストでも可能なのかということですが、基本的に1枚のクレジットカードで支払い遅延を起こし強制解約などになった場合でも、クレジットカードを複数所持していた場合は、他のクレジットカードで利用可能です。
クレジットカード会社ごとに対応が異なるので、中には一定の間隔でクレジットカードの事故情報の調査を行って他のクレジットカードでの延滞が見つかると、限度額の減額や最悪の場合は強制解約を申し付けられるケースもあるので頭にいれておきましょう。
特に連絡がなく他のクレジットカードは普通に使用できているのであれば、問題なくクレジットカードでの換金を利用することができるでしょう。
しかしながら、今後のローンや審査に不利になる以上しっかりと支払いはしておきたいところですね。

top