教えて!みんなのクレジットカードで換金する目的

教えて!みんなのクレジットカードで換金する目的

教えて!みんなのクレジットカードで換金する目的

みんながクレジットカードで換金する目的や理由って一体どんなものなんだろう。
クレジットカードの換金を検討している方でそういった疑問を持つ方々も多いかと思います。
実際にクレジットカードで換金する目的を調べたところ、千差万別の理由が判明しましたので、今回は気になる目的を詳しく紹介していきたいと思います。

▼ 目次

最短で即日に現金を手にすることができるの?

クレジットカードで換金を目的とする方で特に多い検討理由は、急な入り用でお金が必要になってしまったという理由が非常に多いです。
銀行のカードローンや新たなクレジットカードを使用してキャッシング枠をつけるとなると、急な入り用にも関わらず審査や発行などで、一般的に数週間はかかってしまいます。
取り急ぎお金を必要としている方には向かないですよね。
しかし、今お手持ちのクレジットカードで換金することができたら最短で即日に現金を手にすることができます。
一見すると難しそうに感じると思いますが、実はとても簡単なんですよ。
キャッシング枠のついていない、ショッピング枠のみのクレジットカードだとしても換金可能なので安心して、この記事を読み進めてくださいね。

クレジットカードでの換金方法の例を紹介

では早速、クレジットカードでの換金方法の一例を紹介していきます。
インターネットで検索するとクレジットカードの換金業者が多数出てくるので、その中から信頼のおける換金業者やサイトを探します。
口コミなども非常に参考になるので出来るだけ複数のサイトを調べるようにしましょう。
換金業者に関しては基本的にショッピングセンターや路面店も含め実店舗ではなくインターネット上のみで運営しているところが多いですので、特に地方在住などの場合のクレジットカード換金にはインターネットが欠かせないので、そのあたりは注意が必要です。

信頼できる業者やサイトが見つかったら、サイトやホームページ内のコンタクトページや申し込みフォームに名前や住所などの必要事項の入力を行います。
この時にお問い合わせフォームではなく直接電話で対応してくれる場合もありますのでサイトごとの記載に従いましょう。

申し込み後に業者から指定の商品購入の連絡がきますので、指定された商品を正しく購入します。
業者がクレジット決済を確認できるとあなたの口座に現金を振り込んでくれます。
あなたの口座にお金が振り込まれる期間に関しては、取引完了から数十分から数時間の業者もあり、緊急での入り用にも十分に対応してもらうことができます。
そして、後日業者から商品が届き、取引が終了します。

オンライン型の業者の利点は、お金が足りない等の理由であっても相手と一切顔を合わせる必要はないことです。
お金を借りるということを少々恥ずかしいと思っている方でも、メールやお問い合わせフォームなら気兼なくやりとりすることができますよね。
また、少々ネガティブな話題にはなりますが、レスポンス等で相手の対応などに不信感を抱いてしまった場合でも、メール1つでキャンセルすることが可能という点もオンライン型の大きな利点ではないでしょうか。

続いて、クレジット換金を実店舗で行った場合ですが、前もって申し込みなどをする必要がなく予約なしで店舗に入店すればいいので人と顔を合わせることに抵抗がない人にとっては非常に楽です。
また、換金方法もオンライン上とは若干異なり、都内のとある換金店では希望金額を伺った上で「○○の商品を購入してきてください」とその場で指定がありそのまま購入してくることで即日で現金を受け取ることが可能な店舗もあります。
換金率は、だいたい70%から90%程度のところが多いみたいです。

店舗型の利点は、業者と直接顔を合わせてやりとりができる点です。
不安なことや不明点があってもオンライン上でメールでのやりとりですと、どうしてもタイムラグが生じてしまいます。
しかし店舗型であれば目の前で解決してくれますので圧倒的に進捗も、レスポンスも早いです。
地方在住の方には、実店舗を探すのはなかなか難しいかもしれませんが特に急な入り用で急いでいる方にとっては実店舗型は救世主ともなりえそうですね。

まとめ

上記を踏まえた上で、どちらが自分のニーズに合っているのか十分に比較検討する必要があると思いますが、クレジットカードの換金理由も合わせて検討してみてはいかがでしょうか。
初めての方でも歓迎の業者がほとんどですので、分からないことは納得いくまで聞くのがオススメですし、業者とのやりとりで納得いってから換金のお願いをするようにしましょう。
分からない点ばかりで業者まかせで換金して、後々になってこんなつもりじゃなかったということになったり、トラブルにならないためにも自分自身がある程度の知識をもって換金に臨むということが非常に重要です。
果たして自分がいくら必要なのか、ショッピング利用枠がどのくらいあるのかなど自分側が相手に提供する情報もスムーズに開示できるよう、あらかじめわかる範囲で自分の情報の下調べや計画をしておきましょう。

top